2008年11月16日

中国株現地生情報 注目は鉄道/コンクリート/機械/家電(中国株)

政策の恩恵業種は鉄道/コンクリート/機械/家電!!

中国入りしてから、暖かい日が続いています。
金融危機の世界の中においても今年来年と8-9%の成長率
が見込まれている中国。その真偽は別としても、現時点で
は倒産率も少なく、相変わらずの強さです。
■経済政策の恩恵を受ける業種は
@鉄 道…大型鉄道投資が業界景気を牽引
Aコンクリート…4兆元がコンクリート需要につながる可能性
B機 械…増値税の恩恵で長期間利をうむ
C家 電…業種全体がなお緩やかに成長

@鉄道
・国務院より第11次5カ年計画で2兆元の追加投資。
・鉄道建設は、建設→軌道敷設→車両等購入→運営と4つ
 の段階を経るため、長期間に渡って恩恵を受ける。
・中国新幹線等高速鉄道が国の重点政策で、旅客/貨物共
 更に伸び、この流れは暫く変わらない。 
Aコンクリート
・公道/空港/埠頭等公共投資が目白押しで内需を潤す。
・5日の国務院常務会で、10年末までに4兆元の経済政策
・四川大震災の復興にも投資
・インフラ整備と新農村建設で楽観的見通しがされている
 インフラ整備でも特に道路交通整備が業界を潤す
 (道路建設には多量のコンクリートを使用するため)
・石炭価格の下落により、コストが低下していて追い風
B機械
・先の国務院常務会で10プロジェクトに渡る工事が確定
・鉄道設備/工事用機械(掘削機等)の需要に期待
・減税による設備投資が増える
・自動車/電力設備以外の成長は2009年も継続
 収入ベースで20%、利益ベースで10%の伸びが見込まれる
C家電
・金融危機による景気後退局面においても、中国国民の
 収入は継続して増加。
・特に家電が農村部まで普及していっている段階にあり、
 農村部での普及拡大が見込まれる
・2009年は利益ベースで20%の成長が見込まれる

こう見てくると、中国では業種により内需が見込まれる
状況にあります。安徽海螺、中国中鉄、中国鉄建等が
恩恵の対象になると思われます。

■中国現地にて
確かに先進国に比べても高い成長率が見込まれる中国で
すが、さすがに景気後退感は否めません。
企業も家賃の安さを求めて賃料の安いオフィスに移動し
ていっていますし、日系企業も少し前から常駐から出張
に切り替えているところが多いです。

また他国と同じように追加利下げもありそうですね。
中国中鉄◎株価:14日終値5.14HKD (前日比) +0.09HKD +1.78%
最新中国株情報 WINTRADE
■記事が役立ったと思われる方、お手数ですが、↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国株ランキング
クリック御願い致します。ありがとうございます。
(ブログtopへ)中国の銀行 人民元 中国株情報銀行
posted by GEN at 13:54| その他中国株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●機関投資家が推す中国株業種
・ぶっちぎりで第1位 『不動産業』     ・少し離れて第2位は 『銀行』
・ここからはどんぐりの背比べ
 第3位は 『鉄鋼業』      もう一つ第3位は『医薬業』
 そして、機械・金属・電力・車・金融・石炭と続きます。
・2008年北京オリンピック    ・2010年上海万博
・外国からの多量の資金が集まる    ・多人口で大きな消費力
・富裕層の絶対数も多い      中国株は本当に魅力的です!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。