2007年12月29日

再認識、活気が中国株を牽引

中国の飛躍を肌で感じています。 IN中国(上海→蘇州)

■遅い時間になってしまいました。
今朝日本を離れて上海に入り、蘇州に来ています。
しかし、建築中の高層建物の多いこと。投資活動も
活発でバイタリティを感じます。
また、高級店がそこかしこにできていて、人口の多
さもあってか、消費の凄さを感じます。

また、若い人も多くて、活気があります。
また地方都市でもおしゃれな人が随分増えました。

■一方日本は年配の方が多くなり、世界に占める総生
産額の割合も減り、人口も減り、学力が落ち続け、凋
落がはっきりしています。中国に来ると、そのあまり
にも対照的な姿をまともに見て・感じてしまい、なん
とかしないとと思ってしまいます。

■今日は車中から太平洋保険のA株上場の看板を見か
けました。(H株上場はいつかわかりません。)
また中国の銀行はあちらこちらにあって、数(店舗数)
もやたら多いことを再認識しました。人口も10倍以上
ですから、そうなってしまうのかもしれませんが。。。
蘇州に来て初めて見て中信銀行は大きいなという印象
は、今日も見て変わりませんでした。
(実際は大きいという部類に入るか分かりませんが、
個人的な印象が強くて)

■今の中国の活気・成長・生産・消費・投資等を見て
いると中国株が上がっても不思議ではないと思わされ
てしまいます。ホテル代も食費もちょっとの間に上が
っていて、物価上昇も肌で感じた一日でした。

最新中国株情報 WINTRADE
■記事が役立ったと思われる方、お手数ですが、↓
人気ブログランキングへ
クリック御願い致します。ありがとうございます。
(ブログtopへ)中国の銀行 人民元 中国株情報銀行
にほんブログ村 外国株
posted by GEN at 23:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
●機関投資家が推す中国株業種
・ぶっちぎりで第1位 『不動産業』     ・少し離れて第2位は 『銀行』
・ここからはどんぐりの背比べ
 第3位は 『鉄鋼業』      もう一つ第3位は『医薬業』
 そして、機械・金属・電力・車・金融・石炭と続きます。
・2008年北京オリンピック    ・2010年上海万博
・外国からの多量の資金が集まる    ・多人口で大きな消費力
・富裕層の絶対数も多い      中国株は本当に魅力的です!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。